新年会や忘年会で上手に人の輪に入り込む方法

お酒やおいしい料理で楽しいひと時を過ごす新年会・忘年会では、参加者同士で和気あいあいと会話を楽しむのも楽しみの一つです。
でもその輪の中に入るタイミングを逃してしまうと、なかなか話しかけるチャンスが見つからなくて困ってしまいます。
そんな場合の対処法として、最初から輪の中に入りやすい場所にいる方法があります。
自分が新年会・忘年会の幹事ではなくても、幹事の傍の席に座ってその手伝いをしていると、自然と参加者に話しかけやすくなるでしょうし、逆に話しかけられる機会も増えるのでおすすめです。
具体的な例をあげると、飲み物を注文する時に参加者に追加注文の依頼を聞くだけでも、「この人が会を仕切ってくれているから、してほしい事がある時はお願いしよう」と場の雰囲気で伝わります。
うまく幹事の隣の席が空いていなかったり、元々席が決まっている場合は、トイレなど一旦この場から席をはずしていた振りをして会話に加わるのも効果的です。
普段から話し上手で定評のある同僚が輪の中にいるなら、「いつもお話し面白いですね」とほめながら輪に入るのもいいでしょう。

気になる方はこちら:忘年会・新年会のマナー - AllAbout

pickup

ipadの修理を大阪でする
http://www.castle-iphone.com/

Last update:2016/12/16